20170102

年末年始というのはどうも慌ただしくて好きになれない 2016年は塚田農場でグースカ寝て帰ってビール飲んでコタツで倒れたら終わってた

良いお年を と言った連中と翌日に再び飲んだ新年であった

 

新年の抱負というかなんというか、とにかく就活云々からは逃げ出せないのでそれと戦いつつ卒業を……卒業!?俺大学出るの!?

二十数年生きてるけどあんまり何かした記憶が無いので今年も何かできないまま終わるのだろう

 

この年明けた瞬間に「今年は」って使いまくる感じも苦手なんだよな

20161208

好きなものを自分で好きに選べることほど楽しい人生はないと思う 例えば服であるとか昼食であるとか遊びであるとか それができるということはつまり自由であるということなんだよ

現代社会において自由であるためにはお金が必要なのは間違いないと思われる お金がなくても自由に暮らせるという人は多くいるけれど あれは嘘というか自由の定義を履き違えているのだ しかし自由にやった結果束縛されてしまうことは往々にしてある

ところで何が言いたいかというと最近はもっといい感じの服を着たいという話 パーカーばっかり着てるのにも結構飽きてきたのだ

とはいえ冬が明けるとリクルートスーツで動き回る日々が控えている ままならん せめて新しい鞄が欲しい

20161207

川崎昌平『重版未定』(河出書房新社)がかなりリアルな編集者を描いているという話を教授がしていたので買って読んだ DOTPLACEで連載されている漫画であり元々コミティアに出てた作品らしくなんか知ってるような気がした P&Rにいたかなあ

正直学生には現実的かどうかというのはわからないけど、ひとまず出版業界(特に中小出版社)のしんどい現状を伝えようとする気持ちが感じられていい本だった 書籍の出版には詳しくないんだけど、しかし厳しい世界だよ

20161206

ノートブックPCを買った この記事もそれで書いている

部屋に暖房がなくてPC作業がしんどいというのと、どこでもレポートなりなんなりが書ける環境が欲しかったので ほとんどCPUもメモリも使わない作業なら布団の上でやったほうが楽だし 実際恩恵を享受できている感じもある 何より部屋が汚すぎてPC前に居られないのだ

普段PCゲームとかもやらないのでデスクトップをほとんど触らなくなってしまいそうだ CD買ったときとかiPhoneいじるときくらいしか使わなそう 卒業して広い部屋に引っ越したい

 

最近読んだ漫画抜粋

レイリ:岩明均よりも室井大資が好きで読んだ 面白いんだろうと思ってたらそれを超えてくる面白さだった 室井漫画にありがちな「サリ」っていう擬音がちょっと好き

波よ聞いてくれ3巻:2巻でちょっとトーンダウンさせたと思ったらいきなり爆発した なーんだオカルト漫画かと思わせておいて結局コメディだった ありがたい 依然続きが楽しみな漫画ですね

With me? ここではないどこかへ:ちょっと前に出た艶々の単巻もの 最近この作家にハマってる この人の描くセックスは生々しくありながらどこか爽やかさを感じさせる 人の旦那寝取ってばっかりなんだけど しかし面白い

 

 

パチスロはしばらく打つ暇がないのと新台が揃いも揃ってしんどいので一時休止

諸々落ち着いたら人とノーマル打ちたいなあ

20161116

すっかりブログの更新がなくなってしまったのは自分が物事を言葉で記録するのが結局苦手であることに他ならないからなのであろう 決して日々の生活に刺激が無いわけではない 決してパチスロばかり打っていて他に何もしていないからというわけではない

 

ボーイズ・オン・ザ・ラン』を読んだ かなり今更感がある だって8年前だぞ 感想を書こうにも恥ずかしさすらある

ラストは本当にあれでいいのか 投げっぱなしというか尻切れトンボだとか ちはるちゃんの堕ちっぷりがどうのとかあの頃のスピリッツはどうだとか そういう話は8年前に既に当時の人間が通ってきた道なのでわざわざ同じことを話す必要はないのだ

何より批評というものが好きではない 自分が何かの良し悪しを判断するなんておこがましいことはできない いや面白いか面白くないかの判断くらいは誰だってするだろう それを無い頭を使って表すということが恥ずかしいのだ

 

そんな俺にも就活の魔の手が迫ってきている ヘラヘラ遊んでいられるのも酒を飲んでサークル内カップルに対する愚痴を垂れてウジウジしていられるのもあと1年半だろう そう一個人として漫画を読んでいられるのもそれくらい だといいけど

20161029

久しぶりに 本当に久しぶりにキャッチボールをした 自分が所属してる某団体の一部で野球をしようという話が起こったので参加をしたわけだ

かつて少年野球をしていた頃の自分の面影はなくなってしまったけれど足運びなんかはどうも覚えていたようで何より

ただ肩を痛めた はしゃぎすぎてしまったようだ

今後もちょいちょい続けていきたいのでストレッチから始めようと思う

 

別の話

 

普段の生活で相当しんどいことがあって(まあ自分が悪いんだけど)謹慎することになった

このブログの更新が増える気がする

あと漫画を読む時間が増える気がする それはそれでいいことだ

20161010

日付が変わったところで更新 23歳になった

神聖かまってちゃんの「23歳の夏休み」を初めて聞いた頃はまだまだ遠い未来の話だと思っていた あっという間に追い越してしまった

22歳の1年はなんだかいろいろあった たぶん1年後も同じようなことを言ってるだろう 今後40年を決めるかもしれない1年だからなおさら 下手すると人生で一番大きく重い年になるかもしれん

 

懐石料理を初めて食べた 高い料理はうまかった 味噌汁は母親が作った方がうまいな